お問い合わせ

「いきたくなる」塾のデザイン2|内装デザイン編

斉藤高広 / ディレクター

記事を書いた人
斉藤高広 / ディレクター

学習塾のおしゃれな店舗内装デザイン (1)

 

そういえば塾いくのって、ゆううつだったなぁ。事務所みたいなあじけのない白い部屋にホワイトボード、「さぁこれから勉強しましょう」っていう空気にどうもなじめなくて。今日もおなかが痛いってことにしてサボって、ファミマでファミチキでも食って時間がきたらこっそりうちに帰ろうか、なんて。

 

千葉にある学習塾の内装デザインを担当しました。

 

どんな感じにしようかなぁと、考えるところから出来上がるまでずっと楽しかった。オーナーさんがテーマとしていたのは「Innovation」。それぞれの生徒さんに心地のよい刺激を与えるような、そんな、空間をイメージされていました。それをカタチにするのが僕たちの仕事。

 

「テーマ」って本当に大事だ。ただおしゃれにしたいとか、何々風にしたいとかもいいけど、「だれに、どんなインパクトを与えたいか」っていう明確な意味みたいなものがあると、つくるものがデザインではなくコミュニケーションになる。なにかをつくるという点では同じなのに、全くの別物なんですよね。

 

一つのお店をつくるには、僕のようなディレクターとか、グラフィックデザイナーや大工、職人さんなど、いろいろなジャンルの技術も知識もキャラクターも違う人達が絡むんだけど、それぞれの人とまず共有することって、指示書や図面じゃなくてテーマだ。これがないと、そのチームは完全な縦社会になって、決められたことを決められた通りにすることがゴールになっちゃうんだ。

 

一番偉いのはお施主様でなく、現場の監督でもない。そのテーマの主人公である、塾に通う子どもたちだ。彼らを喜ばすことが僕たちの仕事のゴールなんだよね。この間なんかさ、マーケティングの案件でクライアントの年配の会長さんに「僕らが喜ばす相手はあなたじゃくてあなたのお客さんです」ってプレゼンしたらその会社を出禁になったけどね。

 

|DESIGN

 

デザインは、カフェとかショップのような開かれたイメージ。その時のテンションで選ぶ、集中デスク、超集中デスク、友達なんかとリラックスしながら学ぶデスクは大工さんの手づくり。トイレスぺ―スの入口は忍者小屋のように壁に隠してみたり、シンプルでスタイリッシュなガラスコーティングされたホワイトボード。圧倒的な存在感のある一面フェイクグリーンで覆った壁にはSteve Jobsの名言を。電球色と温白色をミックスしたやさしい光、オーナーさんがセレクトした本を置くライブラリースペースなどなど。通いたくなる学習塾、完成しましたよー。小さいころ、近くにこんな塾があったらよかったなぁ。

 

BEFORE

 

 

↓   ↓   ↓

 

AFTER

 

内装デザイン

学習塾のおしゃれな店舗内装デザイン (1)

 

ホワイトボード

 

造作テーブル

塾 机

 

隠し扉

 

フェイクグリーン×切り文字

フェイクグリーン

 

 

外観デザイン

いきたくなる塾の店舗デザイン (15)

 

JIN|斉藤高広

 

前回の『「いきたくなる」塾のデザイン1|外装編』はコチラ

対応業務|内装プロデュース・企画デザイン・製作・施工
業種|学習塾(自習室)
エリア|千葉県
参考予算|250万円

 

 

関連デザイン事例

もっと見る
閉じる

店舗外観・看板デザインの

無料相談を申し込む

ZOOM(60分)| 新規様限定

  • 人が集まる店構えをつくりたいけど、どんなデザインがよいか分からない
  • 看板デザイン相談所の⼿がけたお店のような外観デザインにしたい
  • 街の看板屋さん、内装屋さんから出てくるプランが気に⼊らない
  • 事業を継承し、自分の代ならではのブランディングをしたい
  • 地域のランドマーク的なお店をつくりたい
  • 初めての店舗開業でサービスのコンセプトからブランディングまで相談したい。

●対象:店舗/クリニック/事務所/工場/施設
代表者様(また決定権をお持ちの方)が対象です。

●ご来社頂くことも可能です。(ご夫婦、お子様連れもOK♪)
(株)JIN 藤沢市本鵠沼1−7−11(藤沢駅南⼝より徒歩13分)、駐車場1台分あり(普通の一軒家です)

●ご相談内容やご事業の内容等により無料相談の対象外(対応不可)の場合がございます。

無料相談を申し込む
お問い合わせはこちら

下請けや相見積りの案件はお断りしております。